遅くやってきたランナーのつぶやき


社長のひとり言
by aiclean_hitokoto
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:読書&映画,舞台など( 187 )


生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った パクヨンミ

f0081486_8571682.jpg

しばらく休憩していました
半年位の間いろいろな書物に出会いました
しかしこれほどのインパクトのある書はありません
想像しているのと文字にするのとでは大違いです
難民の問題や様々な虐げられた民衆がいるという現実をもっと知るべきだろう
そのような意味でこの本を推薦します

by aiclean_hitokoto | 2016-03-24 08:58 | 読書&映画,舞台など

天空の蜂 堤幸彦監督

f0081486_1016829.jpg

見ごたえがあります
ていうか考えるきっかけになると思います
原発の危険性!
いとも簡単に起こりうる話でこんなに怖い話は無いでしょう
だから原発は早く廃止にしたい!

by aiclean_hitokoto | 2015-09-15 10:18 | 読書&映画,舞台など

キャパへの追走 沢木耕太郎

f0081486_1054815.png

なんと贅沢な企画だろう
70年程過去にキャパが捕えた風景を写真家ではない沢木が今撮る!
でもファンには大切な1冊です

by aiclean_hitokoto | 2015-06-29 10:09 | 読書&映画,舞台など

セッション デイミアン・チャゼル監督

f0081486_7344629.jpg

今年最高の映画でした!
魂が揺さぶられる!と言っても良いほど!
うらやましい師弟関係といえる
私はこの作品である意味開眼された
今まで避けていたある人物を許容する決心がついた(?)

by aiclean_hitokoto | 2015-05-07 07:33 | 読書&映画,舞台など

風に立つライオン 三池崇史監督

f0081486_8322627.jpg

つまらない理由から、さだ作品は敬遠していたのだが、他に見る物もなく足を運んだところ、結果オーライでありました
さだが実話をもとに作った曲から着想してできたようだが、アフリカの現状を認識するために多くの人に鑑賞していただきたい

by aiclean_hitokoto | 2015-03-23 08:36 | 読書&映画,舞台など

アメリカン・スナイパー  クリント・イーストウッド監督

f0081486_112216.jpg

興行的には大成功を収めているようだ
おもしろい
が複雑な思いもある
160人の敵を射殺した英雄
日本人がそんなことをしたらどの位の批判が来るか?
世界秩序によれば日本は国際連合から敵と位置付けられたままだからだ・・・

by aiclean_hitokoto | 2015-02-26 11:07 | 読書&映画,舞台など

にほんはなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 矢部宏治著

f0081486_1001340.jpg

日本はまともな主権を持つ独立国ではない!
ある意味において軍事占領状態が続いていると言える。
日本国憲法は残念なことに?大西洋憲章を書いたアメリカが書いたからこそ稀有な《平和憲法》になったのだ
アメリカで機密解除された公文書を次々に検証することで戦後日本の実態が見えてきた!
しかしそれをきちんと解説される機会がないことが現代日本の不幸だ!
高校の社会科の副読本にするべきだ

by aiclean_hitokoto | 2015-02-19 10:11 | 読書&映画,舞台など

保守も知らない靖国神社 小林よしのり著

f0081486_9193820.png

祖国日本を知るために読むべき本です
本当に靖国問題とはややこしいです
ちゃんと説明されていないから
ちゃんと教える人がいないから

by aiclean_hitokoto | 2015-02-05 09:24 | 読書&映画,舞台など

警察庁長官を撃った男 鹿島慶介著

f0081486_9473629.png

またまた警察庁の不祥事
勿論《隠れた》
解決できる事件を解決しない不思議な日本の警察・・・
勿論だれも真実を明らかにはできない
最終的に裁判所で判決が出ない事件は無かったのと同じことなのだ。
被害者だけが馬鹿を見る!
そんな世の中でいいのかッ!

by aiclean_hitokoto | 2015-01-28 09:52 | 読書&映画,舞台など

さよならといってなかった 猪瀬直樹著

f0081486_915315.png

タイトルを見ると猪瀬らしくないので
少し戸惑ったがあの騒ぎ以来初らしいラジオでの話を聞いて読んでみた
この人は真面目な人だなーという印象だ
長野の地元の大学を出てから東京へ来てほんとにコツコツ努力して大宅荘一賞を受賞し数々のノンフィクションを手掛けた
やりたくもなかった政治から離れて又、素晴らしいノンフィクションに取り組んでほしい

by aiclean_hitokoto | 2015-01-20 09:11 | 読書&映画,舞台など