遅くやってきたランナーのつぶやき


社長のひとり言
by aiclean_hitokoto
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


国策逮捕

f0081486_834951.jpg

堀江貴文と村上世彰の逮捕にまつわる話
ことに堀江のエピソードに共感するところがある。
なんとなく憎めないというか。
結構厳しい共働き家庭に育ち
中学時代は登校前5時に60軒の新聞配達をしていた。
学習塾でパソコンを覚え、またたくまにプログラムを作れるくらいになっている。
イメージの堀江と違うのは,東大在学中に牧場体験ツアーへ参加した時の事。
違法コピーについて知人を咎める場面が印象的だ。
「このメールソフトを開発するのに、どれほど苦労があったか。使い回しなんてダメですよ」違法行為に嫌悪感を示すほどの正義漢の強さを感じさせたようだ。
その後会社を興し雑誌のインタビューに答えている。
「最近よく、貧乏であってもいいのかなと思う。モノを持ちすぎてもしょうがないのかな、と。モノを持つとメンテナンスしなきゃいけないから、大変なんですね」
「豪邸なんて建てなくてもいいから、精神的にも豊かに、考える時間もあって、ちゃんと仕事して、というのが理想かな」
後に「人の心はお金で買える」と言った堀江の発言とは思えない。

お金によって堀江の心が崩れたのだろうか?

又収監中に山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読み感銘を受けたのだろう、保釈後群馬県の御巣鷹山へ弁護士を伴って慰霊登山をしている。
その後も機会を見つけて登りたいといっている。

ホリエモンは心を取り戻して良い仕事が出来るのではないかなと思う。

by aiclean_hitokoto | 2006-10-26 08:34 | 読書&映画,舞台など

小説 クライマーズ・ハイ 横山秀夫 著

f0081486_10182532.jpg

結局原作を読んでしまった。
原作を読んで分かった事はNHKのドラマは結構原作に忠実なんだ!
台詞も原作のまんまだったり。
ドラマ作りが判ったような気になる。

by aiclean_hitokoto | 2006-10-16 10:23 | 読書&映画,舞台など

クライマーズ・ハイ

NHKのドラマを見た。
去年の12月放映の再放映。

クライマーズ・ハイ。
登山中に興奮状態が極限にまで達し、
恐怖感が麻痺すること。
1985年8月12日、運命の日。
群馬県の地方新聞記者・悠木和雅は魔の山と
よばれる谷川岳の衝立岩の登頂に同僚と挑戦するはずだった。
だがそれは突然絶たれる。
もう一つの聖なる山がたちはだかったからだ・・・
群馬県御巣鷹の尾根の日航ジャンボ機墜落事故から20年。
横山秀夫のベストセラーを原作に、
未曾有の大事故を報道する地元新聞記者たちの
興奮と混乱に満ちた1週間を描く。

以上が案内の文章。

実は1985年8月12日は家族で館山で海水浴をしていた。
不思議な事に海に浮かぶ財布を拾った。
その翌日TVに釘付けとなった。
家族旅行はいつも民宿だったがこの時は初めてホテルと言う名の付く宿に泊まった。
娘2人は翌日、唇が青くなりながらもホテルのプールから上がらなかった。
あの頃が思い出された。
サラリーマンとして充実した日々を送っていた・・・・まだあの頃は。

実はこのドラマの舞台は群馬県、私の出身地だ。
主人公の悠木の住まいは私の生まれた高崎。
悠木に山登りを教えた安西が倒れたのは群馬総社。
なんと懐かしい駅名だろう。
この駅名を知っている人はかなりの旅通のはずだ。

あのまま私がサラリーマン生活を続けていたら安斉のように倒れていたかもしれない・・・・

谷川岳もなつかしい。
マチガ沢も2回登った。
危険な経験もした。

卒業してよかった
山登りも、サラリーマンも・・・・・

by aiclean_hitokoto | 2006-10-04 09:02 | 読書&映画,舞台など

ホロルルが近い!!

どうした事か腰が痛い!
おととい早朝10キロ走った事が腰の疲労になってしまったのか?
屋外での10キロ走はこれで3回目。
12月10日のホノルルマラソンに向けてトレーニングを重ねている。
おとといは早淵川沿いを走った。センター南の先まで往復約10キロ!
川沿いは鯉が泳ぐのが見えたり珍しい水鳥が見えたり結構楽しめる。
良いコースを発見したと思っていたのだが。
この腰痛はすぐ治まるだろうか?気になる。

by aiclean_hitokoto | 2006-10-03 08:25 | らん・ラン・RUN