遅くやってきたランナーのつぶやき


社長のひとり言
by aiclean_hitokoto
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2度目の 完走御礼

f0081486_1714146.jpg

f0081486_21282249.jpg


荒川市民マラソンに参加

ものすごい風でした。

2度目のマラソン、初マラソンから3ヶ月。
6時間55分というタイムをどうにかしたい!という所をに変えたい!と切に思い始めインターネットで申し込み可能な大会を調べて早速荒川市民マラソンを選んだ。
幸い風邪も引かずに週2回の練習をきっちり行い、皇居にも出掛け4周約20キロのランニングをしてみたりと、練習に励みました。
前日に大会会場に出掛け受付を済ませていよいよ当日を迎えました。
さて、強風の予想を寸分も外れないで北風ピュ-ピュー・・・・・
荒川土手を戸田橋の公園から京葉道路の小松川橋の先、荒川大橋で折り返し突風に逆らって同じ土手を戻るコース。雲は無く快晴、日差しが強く顔が焼けてしまいました。
総勢17000人が走りました。

スタートから折り返しまでは追い風なのでむしろ背中を押されている感じで順調に進んだ。
折り返し地点でタイムを見ると2時間と少し・・・・むう、そんな?間違えか・・・こんな調子でいけば絶対しっぺ返しがあるはず。など考えつつペースメーカーを探し必死で追いかけてみた。
やはり30キロの数字を見るころにはペースメーカと離れてしまい、後ろのランナーに抜かれる数が増えてきた。
やっぱりここからが弱いんだよなー。トホホ・・・

ボーイスカウトの少年たちやボランテイアの方たちのサポートや声援がうれしかった。
あんぱんやクリームパンそしておにぎりからカキ氷までありました。サービスいいなー・・・
又、仲のよい会社の事務員さんがどこで話を聞いたのか応援に来てくれて声をかけられたのにはびっくりしました。それで残りの4キロがんばることができました。皆さんありがとうございました。

結果、おかげさまで初マラソンの時より1時間40分位ちじめて5時間10分位で完走できました。(ラップタイム付完走証は3週間後)

又、今後の課題が見えました。右膝の強化によって5時間を切る事が次の目標となりました。

正式タイム入りの完走証が送られてくるのが楽しみです。

さて次はどこを走ろうかなー

by aiclean_hitokoto | 2007-03-19 06:29 | らん・ラン・RUN

青い目の近江商人

f0081486_1437275.gif


ウイリアム メリル ヴォーリズという名前をご存知でしょうか?
近江八幡地区の人はもちろんご存知のはず。
近江兄弟社という会社を始めいくつかの会社や学校病院などを創った近江八幡市の文字通り名誉市民である。
近江兄弟社と言えば私の世代の人は分かると思いますがメンソレータムの販売会社です。後に販売権を失いメンタームと言う商品を扱っている。国民薬とでも言うもので太平洋戦争当時慰問袋に入れられて大量販売されていたようだ。
実は私がダスキンに関わっていた頃このヴォーリズ氏がつくった近江兄弟社の商品であるソリデイアという中和脱臭剤を扱っていた。
都内の大手加盟店はこの商品のおかげで一気に売上を伸ばしていた。
もしその近江兄弟社の商品がなければ私はこの業界にいなかったかもしれない。
青年時代、氏はアメリカから宣教のために近江八幡にやってきた。
大変つらい目に会いながらも初志を貫き見事に宣教の成果を挙げ、又経済の上でも成功した。
すばらしい人物であった。
又建築設計の才能を生かして数々の建築設計を手がけ、東京や軽井沢などにもその成果を残している。(たとえば神戸女学院、東洋英和女学院、明治学院礼拝堂、大丸百貨店心斎橋店等多数)
f0081486_14315429.gif

映像は 一柳記念館(旧ヴォーリズ夫妻邸)

又、驚嘆すべき事実は太平洋戦争の終戦処理の裏話として氏が天皇陛下の処遇について大活躍をされたということだ。
機会があれば近江八幡市の記念館を訪ねてみようと思う。

by aiclean_hitokoto | 2007-03-12 14:16 | 読書&映画,舞台など