遅くやってきたランナーのつぶやき


社長のひとり言
by aiclean_hitokoto
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


今年初 つばめ

f0081486_5581345.jpg

今朝早くカーテンを開けると今年はじめてのつばめに出会いました。

公園の上を盛んに飛び回っています。

やはり2羽。

カップルなんだろうな。

季節は確実に動いている。

(たった今テレビでは札幌は40㎝の積雪と伝えている)

(日本は狭いようで広いなー)

by aiclean_hitokoto | 2009-04-26 06:01 | つれづれなるままに

第19回かすみがうらマラソン

f0081486_9285560.jpg
かすみがうらマラソンに挑戦した。

5時間切りの意欲満々で前日のセミナー会場でも30人程のメンバーの前で宣言してしまった。

ところがどっこいだった。

去年12月のホノルルでも30キロの壁に泣いたのだが・・・

またも30キロの壁は厚かった。

初めて吐き気を催して座り込んで休んでしまった。

結果は5時間26分15秒

今後もフルマラソンを続けるとしたら30キロの壁をなんとしてでも打ち崩さなければならない。


しばらくはハーフや30キロ走できたえていくしかない。

今回はほんとに精神がくじけそうだった。

by aiclean_hitokoto | 2009-04-21 09:38 | らん・ラン・RUN

誰にも読んで欲しい ディズニーの 良い話

f0081486_4483949.jpg

すばらしい話の数々

サービスとはどうあるべきか という問いに答えてくれる

サービス業の人たちが皆ディズニーのキャストの様なサービスが出来たら世の中は変わると思う

とりあえづこの本は読んで欲しい

by aiclean_hitokoto | 2009-04-13 04:53 | 読書&映画,舞台など

さくらの 国

f0081486_2174363.jpg

今年の桜は開花してからしばらく気温が下がった為満開の時期が少し遅かったように思います。
それにしても桜を愛でる日本人に生まれてよかったと思います。

桜を特別な思いで眺める感性とはどういうものなんだろう。
中国の古典などにも桃の花の下などで酒を酌み交わす場面があるようですが。
花を見ていろいろな思いを抱き、涙をも流すことが出来るのは日本人だけではないだろうか。
咲き始めの期待感と満開になった満足感、とすぐに散り始める時のそこはかとない哀愁。
はらはらと散る様にもいっそうの愛しさを感じます。

桜のトンネルの下を桜吹雪を受けながらランニングする時は、さながら桜色のじゅうたんの上を走っているようで気分がよいものです。
又この時期レストランで出される桜のカクテルなども趣があって美味しいものす。

そろそろ宝石のようなさくらんぼにも出会えそうです。
このような楽しみもこの国に四季があるからなのですね
f0081486_2175899.jpg


by aiclean_hitokoto | 2009-04-11 21:08 | つれづれなるままに

たまプラーザの桜

たまプラーザは桜が自慢の街です。この時期に是非おいでください。

駅前から隣の駅までも桜並木が続いています

今の季節は我が家の周りは皆ピンクです

f0081486_1471981.jpg美しが丘公園から駅前通りに向かう桜のトンネル







f0081486_1415489.jpg駅前の東急ショッピングセンター前の桜並木






f0081486_1422133.jpg我が家の前の公園のさくら






f0081486_1423582.jpg我が家と公園とを分ける道もほんのりピンクに染まります

by aiclean_hitokoto | 2009-04-09 14:08 | つれづれなるままに

四日間の奇蹟    浅倉卓弥 著


f0081486_6273324.jpg
第1回『このミステリーがすごい!』大賞、金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏線がラストで感動へと結実する」「ここ十年の新人賞ベスト1」と絶賛された感涙のベストセラーというので読んでみました。

脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する不思議な出来事を描ている。

3人目の主人公とも言える真理子は、雷事故をきっかけに魂移しがおきてしまう。

魂は雷事故で庇った相手の体に乗り移っているが、その期間は4日しかないことを知っている。

一方、自分の体の方は、ほぼ助かるのが絶望的という状況。

「相手の魂ごと自分の体を殺してしまえば、自分は助かるかもしれない。」
そんな思いになるのは、当然とも言える。

しかし、最後にはすべてに満足して、自分からもとの体に戻って、エンディングを迎える。

箱根芦ノ湖あたりのひっそりとしたホテルで読むのに良いかも。

by aiclean_hitokoto | 2009-04-09 06:24 | 読書&映画,舞台など