遅くやってきたランナーのつぶやき


社長のひとり言
by aiclean_hitokoto
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

野中広務 差別と権力  魚住昭 著

f0081486_11441486.jpg














野中広務という人のことをあまり知らなかったことが判った。
国鉄職員から町会議員、そして国会議員になり権力の中枢に上り詰める。
ことに部落問題をはらんでいるところは身につまされる。
又、田中角栄との事、同和利権のこと、公明党、北朝鮮、ヤクザ等々政治の裏舞台も垣間見えてなかなか興味深く読むことが出来た。
一人の人間の人生として読むとなかなかまねの出来ない尊敬すべき人間であると思います。

by aiclean_hitokoto | 2006-08-09 11:54 | 読書&映画,舞台など
<< 転落弁護士  内山哲夫 著 つげ義春とぼく  つげ義春著  >>