遅くやってきたランナーのつぶやき


社長のひとり言
by aiclean_hitokoto
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

昭和三方人生  広野八郎 著

肉体労働の記録!
物心ついてからずっと肉体労働それも肉体を酷使したというべきか私を含めて今の人たちは到底無理だろう過酷な労働の記録。すごいとしか言いようが無い肉体労働の一生!しかもそれだけ肉体を酷使しても89歳までお元気であったというのもすごいなと思う。多分お酒を沢山飲まなかったせいだろう。私も気おつけたい。
文中ほっとするくだりがあった。
『朝早くから社宅の造作をしている大工さんたちの作業の音がしている。鉋、鋸、槌、大工さんたちの作業の音は、決して騒々しいものではない。寝ながらその音を聞いていると、爽やかな気分を覚える。』
確かに私にも覚えがあるが最近なのような『音』に出会わない。残念である。
もうひとつ良い『音』・・・赤ちゃんの泣き声。この音だけはいつでも聞くことが出来そうだ。
f0081486_882332.jpg


by aiclean_hitokoto | 2006-08-23 08:09 | 読書&映画,舞台など
<< 忘れられた日本人  宮本常一 著 狸はいるか? >>