遅くやってきたランナーのつぶやき


社長のひとり言
by aiclean_hitokoto
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:厠(かわや)・東司(とうす)( 17 )


南極では?

f0081486_13353027.jpg
南極の風景。
三角のテントがトイレです。
基地ではきちんとした建物の中にウオシュレット付きのトイレがあるそうです。
JRの列車にも使用されている循環式トイレという物。
しかし出先や雪上車等で基地を離れる時にはこのようなトイレになるようです。
簡易的にはスコップで穴を掘りそこに用を足し掘った時の雪をそのまま埋めるそうです。
しかしそれはいつまでも腐らずにそのまんまなのです。細菌類が殆どいないためそういうことになるそうです。ちなみに風邪もひかないそうですよ。

by aiclean_hitokoto | 2006-07-25 13:46 | 厠(かわや)・東司(とうす)

なるほど 山のトイレ

f0081486_15412374.jpg
日本で山のトイレ事情と言えば、垂れ流しが問題になっているが、スイスはどうだろう?スイスは富士山のような3000m級のトイレでも、水洗トイレが完備されている。さっすが?!有名なユングフラウヨッホでもそうだから、恐れ入りました。

ところでマッターホルンの見える山頂のホテルでは、ちょっと変わったトイレがあるそうだ。
高さと寒さで水洗トイレが使えないので、便器にビニール袋が設置してあり、そこに用を足し、ボタンを押すと、代わりに高熱の鉄棒が出てきて、袋を挟むように両側から締め付けて汚物を密封する。つまり「し尿の腸詰めソーセージ状態」だ。それをヘリコプターが運んで下山させ、処理するという。一滴の水も必要としないトイレが発達しているのだ。

by aiclean_hitokoto | 2006-04-28 15:42 | 厠(かわや)・東司(とうす)

六万行願


f0081486_1357318.jpgこの辺で六万行願について触れておかなければならない。

私がサラリーマン時代研修に行った一灯園における修業のひとつ。
西田天香さんが発願された。
天光さんは世界の真の平和は一人ひとりの心の中に、争いの種をなくすることから始めなければならないと、六万行願を発願されたそうです。

六万行願とは、他家のおトイレの掃除をさせていただくことを通じて下座の心を養い、争いの無い世界の将来を祈り念ずることで、その中に礼拝(おがむ)、下座(へりくだる)、奉仕(ささげる)、慰撫(なぐさめる)、懺悔(あやまる)、行乞(許されて生きる)の六つの祈りが込められ、一万戸を単位にしたところから名づけられたそうです。

私は京都山科から下駄を履いて、雑巾と亀の子たわしとブリキのバケツをさげて町場まで降りて行き、一軒一軒お掃除をさせてくださいとお願いしてお掃除をさせていただきました。
しかしもっともっと修業しなければならないと感じています。

by aiclean_hitokoto | 2006-04-19 13:57 | 厠(かわや)・東司(とうす)

イギリスの歩道に

f0081486_11492712.jpg
買い物客がたくさんいるロンドンでもにぎやかな場所でこんな便器があるそうです。
夜暗くなってからでなければ私は利用できない。
あなたはどうですか?

by aiclean_hitokoto | 2006-04-19 11:53 | 厠(かわや)・東司(とうす)

スペースシャトルのトイレ

f0081486_11181041.jpg
スペースシャトルのトイレ
結構すごい
さぜなら排泄物を吸引装置で回収し、瞬時に真空乾燥(フリーズドライ?)してしまうそうだ。
そりゃそうでしょうね。
それにしてもただ座るだけで無くて体が浮かないように固定してからイキバルようです。
昔の人工衛星時代はオムツだったようですよ。
これまた大変だったろうなー。

by aiclean_hitokoto | 2006-04-19 11:25 | 厠(かわや)・東司(とうす)

インドのトイレ事情

インドでトイレのある家は24%の家しかないという数字を見てびっくりしてしまった。
残りの人たちは広場や野外で用を足しているそうです。
又インドのカーストと呼ばれる社会階級制度が事実上続いていて日本にいては分からない厳しさがあるようです。
もっとひどいのはその階級にも入れない最下層の人々がいて汲み取り人階層とも呼ばれるそうです。
その階層に生まれた人は一生汲み取りを仕事として暮らさなければならないそうです。
そしてその人たちは町外れにしか住めず暗いうちに町へ出て行って汲み取りをして又夜明け前に町外れまで帰っていくのだそうです。
運搬の道具はなく桶を頭に載せて運ぶそうです。
最近はその人たちを解放するために活動しているボランテイアもいるそうです。
機会があれば何か役に立ちたいな。
f0081486_13145457.jpg

インド デリーのトイレ

by aiclean_hitokoto | 2006-04-17 13:11 | 厠(かわや)・東司(とうす)

トイレについて

トイレ関連サービスをやっている関係からトイレについて調べたりすることがあります。
私はお寺さんで使われている言葉 東司(とうす) と言う言葉が奥ゆかしくていいなーなんて思います。

ところでお尻を紙を使って処理している人が地球上にどれ位いるかご存知でしょうか?
なんと3分の1の人々しか紙を使っていないそうなんです。
では残りの人々は何で処理しているかと言うと

砂(サウジアラビア)
小石(エジプト)
岩(モンゴル)
トウモロコシの房(アメリカ・コーンベルト時代)
雪(スエーデン)
ロープ(中国・黄土地帯)
水(インド)
などなどびっくりしますが、そうだよなーという気もしますよね。

私達も当たり前のように紙を使い当たり前のようにをウオシュレットを使う生活のことをもう少し考えたほうがよいかもしれませんね

by aiclean_hitokoto | 2006-04-17 12:49 | 厠(かわや)・東司(とうす)